健康意識

グッと体力が落ちた!加齢による体力低下を感じる場面

更新日:

加齢により体力は低下する

  • 加齢で体力はどうしたって下降線
  • どうしても直面するのはたいてい30代
  • 体力の貯金をしないとこの先に響く

人間の体力は加齢が進むにつれ、20歳半ばをピークに、しだいに下降線を辿ります。

20代までむりをしても、少しの休憩でなんとかのりきれた出来事も、30代をすぎると負荷がのしかかってきます。

30代は20代までの「体力の貯金」でいろいろと乗り切れることもあるでしょう。

実はこの30代のうちにさらに「体力の貯金」を伸ばしておかないと、40代以降に大きく響くことになります。

体力低下を感じるケース1:駅のホームの階段で息切れ

  • 体力の衰えを感じるのは日常の一コマ
  • こないだまでは大丈夫だったのに、というギャップ
  • 少しの運動でも息が上がる

会社にいくときの駅のホーム。自分より若い人は早歩きで横を抜けていく。

階段を登るスピードが後ろから掴まれてるような、重しを背負っているような、そんなイメージで遅くなる。

気づいたらはぁはぁと息が上がる。

体力低下を感じるケース2:満員電車で揉まれるだけで疲れる

 

  • 人混みにいると気が張って疲れてしまう
  • 密着・密閉・息苦しい空間・荷重意識
  • ストレスがさらに追い打ちをかけて体力を削る

通勤するだけで疲れてしまう。満員電車の呼吸が不自由なあの感じ、通勤の小一時間だけで疲弊してしまい、午前中の仕事の能率を下げてしまうのはよくない。

他人を意識することって、かなりストレスなんですよね。

それなのにこんなに密着してぎゅうぎゅうの空間。女性なら別のストレスも感じるもの。

パーソナルスペースという考え方が吹き飛ぶくらい密着した満員電車は、メンタルの弱い人には本当に向かないと思います。

満員電車はメンタル含め、体力を削る空間ですよね。

でもこんなにグッと体力って落ちるものなのか?

でも現に落ちていますよね。

体力ってなんだよって話

  • 体力というものはどんな要素から成り立っている?
  • 筋力を高めるためにできるトレーニング
  • 内臓は筋肉がつかない

ざっくりわけるだけでも、身体能力の機能を分類すると、筋肉、内臓、運動能力、の3つで考えられるでしょう。

  • 筋肉
  • 内臓機能
  • 運動能力

筋肉は筋力。トレーニングして高められます。30代でも若々しくいる人は、10代20代でスポーツをしてきた人ですよね。

筋肉のつけかたを身体が覚えていると、トレーニングの効果も感じやすいのではないでしょうか。

内臓はいわゆる臓器。心肺機能や消化器官など、内臓の機能のちからです。胃が悪くなれば栄養を吸収するちからが低下しますよね。

どれだけ鋼の筋肉を備えた男でも、内臓は筋肉をつけられません。

内臓年齢なんて言葉もあるくらいです。

次に運動能力。これは単純にスポーツマンかどうかです。日頃体を動かしていないと瞬発力も培われません。

健康維持のためにどうしたらいいのか

  • 筋肉、内臓機能、運動能力を意識して伸ばそう
  • 楽して健康は維持できない
  • なにもしなければ健康や体力は下降線のまま

健康維持のためにどうしたらいいのか。これは結論として、この筋肉、内臓機能、運動能力の3つをバランス良く伸ばしていくほかない。

方法はいろいろあるけれど、楽な方に流れがちな人は覚悟して望みたいと思います。なにせなにもしなければ健康や体力は下降線のままなのですから。

まとめ:運動と、食生活、負担の少ない生活リズムをもつ。

それは他ならぬ、運動、食生活、負担の少ない生活リズムをもつということです。

ほどよい運動、バランスを考えた食生活、無理のない生活リズム。

たったこれだけでも日常のパフォーマンスを格段に上げることができるはずです。

 

こちらのコンテンツは当ウェブサイトが調べてまとめた内容のため、医療情報などをすべて鵜呑みにせず、ご自身でもお調べください。
ケンイチ
グッと体力が落ちた!加齢による体力低下を感じる場面」を読んでいただきありがとうございます!記事URLとタイトルだけでもコピーしませんか?

-健康意識

Copyright© iPhoneヘルスケアで体力作ろう , 2017 All Rights Reserved.